今、私たちにできること

このたびの地震に関わる一連の災害に関して、
関東首都圏で生活している視点からまとめてみました。
ある程度、周知されている部分も多いと思いますが、
「こーゆー心意気で行きましょう」という私個人の覚書です。


普段の生活でできること
1.節電
2.電話回線を塞がない
(安否確認は加入電話事業者の伝言ダイヤルで)
3.食品・水・生活用品の極端な買いだめをしない
  小売店の陳列棚に商品がないと焦る気持ちはわかりますが
  みんなが同じ行動に走っちゃ余計に物資が不足します。
4.正しい情報の共有化     
5.デマや根拠のない噂の抑止 
 
  インターネットに繋がってる便利さと怖さの両端です。
  特に今は各国からも関心を寄せていただいているので
  いたずらに恐怖心を煽ることのないようにしましょう。







もう一歩踏み込んだこと
・義援金  ネット利用の際は怪しいサイトも出現しているみたいなので注意
・献血   みんなが一斉に献血しても使用量とのバランスもあるので、
善意の血液を無駄にしないためには少し時間をおいたタイミングで不足情報を確認してからで可
※救援物資は現地やとりまとめ機関に確認の上で。
  場合によっては「迷惑な荷物」になりかねないので、どうしても送りたい場合は
  必要と指示されているものを分別した上で準備する。




◎自分たちの心の平静  
    もしかすると、今、一番重要なことかもしれません
1.テレビのニュースに噛り付きすぎない。
    暗いニュースを繰り返しみると負のエネルギーに取り込まれやすくなります。
    場合によっては適宜な息抜きを
    (一時的な現実逃避もリフレッシュ法のひとつです。罪悪感を感じないでください)
2.悲観しすぎない
    今、自分たちが元気でいるのは、この後誰かの助けになるためだと思いましょう。
3.不安に思うことは声に出して話してみる。
    話す相手がいなくても、一人で声に出してみても大丈夫
   (ただし一人のときは周囲に怪しまれないように場所を選びましょう)
    声にだせないなら、紙に書き出してみる。自分の気持ちが視覚化すると整理しやすい
4.起こってもいない未来の不安を考えすぎない。
   心配するなら起こった後でも遅くはありません
   不安があるなら「こうすれば回避できる」方法を先に考えてみる。
   選択肢があるなら、いつも良いほうに向かうイメージを持つように
※日照時間が少ないと、気持ちも沈みがちになるので
  なるべく晴れた日は陽の射す明るいところで場所取りましょう。(UV対策は必須)

 
5.無理に元気をださない。
今までの流れと矛盾してるようですが、感情を無理に抑制するのはよくありません。
元気のないときはしょうがないんです。受け入れましょう。

でも、一定期間を経てそんな気分から脱却したい時は、
 今、自分の周囲にある小さな「よいこと」を数えてみる。

「ごはんがおいしかった」「信号がすぐ変わった」「時間通りに目的地についた」
「たまたまそこに居合わせた赤ちゃんが笑った」「X-man再放送で姫さま活躍」
「ちょんの新曲が良い感じ」「すめ☆の応援メッセージのひらがながツボ」
どんな小さなことでも、数えてみると結構あるものです。
ほら、気分が変わるでしょ?
 
結局はポリアンナかい!?というオチですか?(笑)

以上は一般の人がちょっと疲れた時などに参考にしていただければ、と思います。
職業にはしておりませんが、日本応用カウンセリング審議会の認定を受けておりますので、ご参考までに


深刻に辛い感情に見舞われる場合は、専門のカウンセリングまたは医療機関の受診が必要です。
早い段階で適切なメンタルケアを受けてください。
今、私たちが健康であってこそ、被災された皆様の復興のお手伝いができるんです^^
[PR]

by chilsung | 2011-03-16 14:00 | 七星学園って? | Comments(4)

Commented by みんた at 2011-03-16 17:05 x
一言だけ、ありがとうございます。固まりつつあった心が少し緩みました。
Commented by kumako-me at 2011-03-16 20:46
とても冷静でありながら、優しさ溢れる文章に感動しています。

そう、私達の出番はこれからなんですよね。

今、心の調子を崩していては、必要な時に動けなくなってしまうし、
それは、今の状況より辛く苦しいことだと、私も一時、逃避しました。

だいぶ楽になったけど、一番効いたのは活躍なんて微塵もしてない
姫様(笑)よりもわんこよりも、お友達とのやりとりかな^^

今日はかなり心にゆとりが出来ました。
明日からも今出来ることを頑張り過ぎずに、がんばります!
Commented by chilsung at 2011-03-16 21:22
みんた様。
少しだけでも気持ちが緩くなられたなら良かったです^^
こんな状況だけれど、私たちにもやれることがあるはずですから!
Commented by chilsung at 2011-03-16 21:35
隈子さま。
優しくはないんです。
私自身が以前から事件・事故の報道に弱くて、
ニュース番組見るのが怖いというダメキャラなんです。(大人失格)

でも、目を逸らしちゃいけない現実がすぐ近くで起っているし、
今は具体的な行動は微々たる事しか出来ないし。

あまりにも長期に渡って緊急特番が続いていたので
真面目な方ほど、心身ともにしんどいことになりそうだと思い
ちょっとだけ息や手を抜くポイントを書かせてもらいました。

あと、個人的には被災地の皆さんはじゅうぶん頑張ってるから
「頑張れ」っていう言葉は自分たちを奮い立たせるためだけに
使おうと思っています^^