Coming Home その1

f0037530_12144526.jpg

2016年11月4日 金曜日



オープニング:ジャズアレンジで북극성+느리게 걸기+ Happy Happy +오!그대를+스물 셋
       をモチーフにしたアレンジで。この時点では登場せず。



1)사랑이 오네요
衣装はピンクのシャツと黒のパンツ
f0037530_12144824.jpg
挨拶“前回のコンサートから8年ぶりだけど、今回「보통의 날(普通の日)」としたのは、
海外活動などが多くて今まで中々、公演の場を設けることが出来なかったのが
申し訳なくて、もっと普通に気軽な感じで接していきたいという気持ちを込めて。
今回だけではなくこれからも、もっと日常的な関係でいたい・・・”的な話でした。


2)사랑은 기억보다
 ※4日だけ歌唱。 珍しく声がかすれていて声が出ていないのが心配
  翌日からはリストから外されていたのが残念(>_<)

“最近はとても寒いけど、今年の夏はとても暑かったよね?じゃ、今は冬だけど、
これを一緒に歌ったら夏の気分になるかもw”とヒントを出して
3)그해 여름
会場が一体となり大合唱。3曲目なのにアンコールみたいな雰囲気。
8年前はその一体感のすばらしさに号泣していた私ですが、今回はまだ耐えられました。
一旦、歌い終わったと見せかけてステージライトが消えたりもしますが、
何度も繰り返される“행복해 난 너만 행복해하면・・・・、
사랑해 오랜 시간이 흘러도 세상 모든 것이 다 변해도 널 사랑해・・・”のくだり、
本当に楽しそうで楽しかった。
最終的には“こればっかり歌っていたら他の曲歌う時間なくなる”とのことで強制終了。

今回は会場にマイクを向けて質問したりするからね!ということでトークタイム。
タ “みんなも恋愛経験あるでしょ?”
ぺん “おぷそよー!!” ←みんな女子中高生に戻ってますw
タ “結婚してる人手を挙げて! 結婚のいいところと悪いところは?”
選ばれた人以外のぺんちゃん “(いいところなんて)おぷそよー!!”
選ばれたぺんちゃんも空気を読んで “特にいいところはありません>ロ<”
・・・結婚なんかしても良いことないからおっぱ、結婚なんてしちゃダメ!ってことです。

次の質問。“ここひと月以内に別れを経験した人―?”を指定して、原因とか
心境を聞くというデリカシーのない質問をしてブーイングされるw

4)Sorry Sorry (Super Juniorカバー)
なぜかダンス曲になるとサングラスを装着する。1人で13人パートを歌いきる。
しかもちゃんと踊ってる!!色違いのパーカー着用ダンサー4人がどこからともなく現れる。
(えちょ曲用の衣装じゃね?という期待)ダンス歌手のプライド誇示だったそう。
さすがに踊り切った後は、水を欲して息を切らしてました^^;

“この8年の間、曲作りもたくさんしていて後輩に提供したものもあるんですが、
中には断られて未公開になってしまった、自分にとっては胸が痛い曲がある。
今回はみんなに聴いてもらって判断してもらいたい”と、いうことで
5)다시 들아보고 또 사랑하고(未公開曲)
後輩本人が聴いて断ったわけではなく、アルバム制作スタッフ判断でコンセプトに
合わないから不採用だった、とかばってました。誉声さん、残念だったね。

また、後輩の女性歌手・アイドルの話(SMTでのデュエットなど)になると
露骨に会場からブーイングが出るのもいと可笑し。
他の歌手に提供した曲いろいろあるけど・・・会場より「인형」「늘…」などの曲名が
あげられる。そんな中で「비(悲)/NRG」と聞いた途端、
「すーっはぁー!すーっはぁー!」と、ピ(雨)の真似をするものの
ぺんちゃんからスルーされているのも堪らない(#^^#)。

昔の曲だけど、自分の声で歌ったらどんな風なのか気になっていたということで
6)늘… (BoA カバー)
個人的に、この曲のMVを夜中に見て강타の才能に感動して、
翌日ソッコーHMV有楽町店(当時、K-POP売場が広くあった貴重なお店)に
アルバムを買いに走ったというきっかけの曲。
このころの韓国のCDってPCに入れると動画が出てきたり、
スクリーンセーバーがあったり、楽しかったよね。
BoAちゃんのこのアルバムには강타とのレコーディング風景が
収録されていたりして2度おいしかったわ。
韓国ぺんちゃん、特にえちょぺんちゃんたちはBoAちゃんのことを
快く思っていないという噂はよく聞くけど、
会場の反応の重さってやはりみんなの心が女子中高生だから?

7)Russian Roulette(Red Velvet カバー)
(@ ̄□ ̄@;)!!今度はぴちぴち若い後輩ちゃんのカバーです。
サビ部分になると振付が可愛いから、嬌声が上がりまくり。そう来たかー。
どうりで今日会場の1~2階でやたらとMVかかっていたわけだ。
面白いぞ。こんなノリ大好きだー!!

映像。モノクロで駐車場らしき場所からお部屋の中に入ると、様々な思い出の品がある。
H.O.TのCD、壁に飾られた写真・・・。
スタジアムで白い風船を握りしめる白カッパのぺんちゃんたち・・・。
5人の姿。ステージサイドのスクリーンに映されるあの頃の白い観客席。
やがて、部屋のラジオのスイッチが入れられ記憶旅行から「지금은 별이 빛나는 밤에 」と現在へ戻る。



セットがラジオDJブースを模したものに代わり、番組タイトルをもじった
『별이 빛나는 날』コーナーに。
f0037530_12144918.jpg
衣装チェンジ。青のスリムなジャケットとくるぶしが見える長さのパンツ、白Tイン。
この日はラジオを始めて何日・・・「135日!」とすぐ教えてくれるぺんちゃん素敵。
昔に戻ったような選曲ということで
8)CANDY
9)행복
10)빛

出てきたダンサーはもうパーカーではなく黒ジャケットに白黒ボーダーシャツでした。
ここでももちろん会場は大合唱。
“えいちおってぃー!”コールも“あんちりょん”コールもめっさ楽しい。
何よりも『빛』で“우리H.O.T Let’s Party”とコール出来たのが嬉しい。

歌い終わって照明が一旦消えてスポットがついたら、何事もなかったように
DJブースに座って「H.O.Tの『CANDY』『행복』『빛』をお送りしました。
と番組を進行している体を装っていました。
また、“あんちりょん”コールが巻き起こると
「はい、あんちりょんです」と冷静に返す感じもまたよろしい。

次はみんなと一緒に歌いたい曲を親切に字幕出します(笑)とことわって
11)오! 그대를

ソロデビューの時、世界を変えられると思っていた自分(笑)も38歳になり、
いろいろ変わりました。みなさんの中で23歳の時に特別なことがあった人いますか?
(^^)/「23歳で結婚しました」「おおー。結婚してよいところは?」「おぷそよー!」
絶対的におっぱは恋愛も結婚もしちゃダメ!と押し通すぺんちゃん、強い。

今回は一部歌詞を変えているのでそんなところも注目して聴いてください。
12)스물 셋
ダンス控えめ、私の嫌いなサビの振りがなくてほっとしたけど、
後でぺんちゃんにねだられてウェイブとともに再現する。

ゲストコーナー キム・ミンジョン兄さん。
お酒の無い席で2人で語るのは少しぎこちない感じ^^
2人が親しくなったきっかけは、강타とトニーが屋台に出掛けたときに
ひとりカッコよく飲んでいるミンジョン兄さんが居て、挨拶したところから。
兄さん、曰く「あの頃、俺は29歳だったのに、まだ29歳だったのに
君たちぺんから“アジョシ!강타おっぱにお酒を飲ませないで!!”って
さんざん言われたんだ!」
と嘆いていらっしゃいました。
忙しいアイドルが二日酔いになって音楽番組を飛ばしだりするからです。

13)너만을 느끼며 (THE BLUE デュエット歌唱)
  
ここで『별이 빛나는 날』コーナー終了とのことでエンディング曲はミンジョン兄。
 아름다운 아픔을  
兄は“アジョシ”と呼ばれた恨みを忘れないので“おっぱ”コール盛り上がる

映像 休日、部屋でぼぉーっと暇を持て余している設定。ウィルスンが可愛い。
暇すぎてペンへお手紙を書きだす(なぜか会場大爆笑wwww CD封入のやつ?)


白のニットロングカーディガン、デニム、デザートブーツ(今回で一番かわいい衣装)で登場
f0037530_12144901.jpg
14)Say Something
15)Still with you

ご本人の好きないつものpop曲。今回はパニパニティパニーちゃん登場なし。

16)상록수
  毎度のことですが、この曲を歌ってる時の切実な感じがとても好き。
17)북극성
歌い終わって、水を飲んだだけなのにいきなり“アンコール”がかる!
  「まだ、終わりじゃないって( ゚Д゚) 新曲歌ってないし」
・・・ということで、久々に発表した新曲がアンコール前の最後の曲です(笑)
18)단골 식당


照明が落ち、緞帳が下がるや否やエンコルコールが始まる。この速さと長さ。
それまでも結構全力で歌っているので空気の乾燥も相まって声出しにくい(笑)

コンサートタイトルがステージのサイドスクリーンに投影される。
そして、花束を作る강타の姿が投影され、自撮りでペンへのメッセージを語り、
伝えきれなかった思いを託して花束を差し出す・・・・。

ここで会場1階後方から花束を抱えて登場!
しかし、派手な柄のプルオーバー着用なのはいかがなものか。
19)Propose
警備の人もついてるけど、めっちゃ群がるぺんちゃん。
通路の途中でほとんどの花は奪い取られているようでした(;・∀・)
反対側の通路から一人ステージに上げて、膝まづいて求婚する形式になり
阿鼻叫喚な状況になる。しかも選ばれた人がハグとか要求するので余計に荒れる。
f0037530_12145080.jpg
20)고마워 마안해
これも歌詞がスクリーンに出て、大合唱。ラップパートも一人で頑張る。
けど、息が切れるとぺんちゃんたちがカバーするので楽しそう。

この日は自身でも今までにない喉の悪コンデションで、申し訳ない点が
多かったけど、これからはもっと一緒に過ごせる機会を増やしてゆくつもり、
というようなご挨拶がありました。

ほんと、ちょっと声がつらそうだったけど、でも韓国で、
韓国ぺんちゃんに囲まれてりる강타のステージは本当に楽しい。

この日、約2時間と告知されていたステージが終わったのは22:30は優に越えていた。
楽しい、ひたすら楽しい空間だった。     

 以降、5日・6日編へつづく。
[PR]

by chilsung | 2016-11-09 12:11 | 次兄もしくはヘタレ上等! | Comments(0)