3話の金修さま(遅っ)

投稿する気はあったんですが、O.A当日の夜からバタバタしていたんで放置。
自分の中では2年前資料の引っ張りなおしだしね(笑)
第3話のテーマは浮気男の増長期でヨロシク。
f0037530_12303472.jpg
思い出し笑いの金さま。ハイ、それだけでもうス○ベです。(日本伝統の考え)






牛萌ちゃんにおだてられてその気になりやすい金さま。
f0037530_12393167.jpg
調子にのって身体を鍛えだす。
ちぇ、このせいで翌年の3集活動は頼みもしてないのに鍛えやがって(-"-)と、
本編には関係ないであろうことで苦々しく感じるシーン。
(でも直前の白タは“ふとかん”を想起させる衣装で笑わせてもらう)

ちなみに2007年現在は
f0037530_1234284.jpg
鬼の金さまブー○キャンプ?と思ってしまう。←ヲイ!

もちろん
f0037530_12462641.jpg
グラドルのみちるさんも健在。つーか、この頃からそう呼ばれだす。
ちゅるっちゅるです(爆)
お手入れ係がちゃんとしていたんだろうなぁ・・・。 当時、係はソロ活動してなかったから。
なんで翌年からお手入れしてくれなくなったんだろう。
今じゃ胸毛キャラだ ・゜゜・(≧д≦)・゜゜・ 
[PR]

by chilsung | 2007-07-22 12:56 | 次兄もしくはヘタレ上等! | Comments(14)

Commented by kumako-me at 2007-07-23 10:25
あぁ、そうそう。この頃から「みちるさん」だったよねぇ。
お手入れ係もいたねぇ。きっとワイルドな男の魅力=胸毛って
吹き込まれて、手入れしなくなったんだよ。
お手入れ係も楽できるしね。

ところで、いつの間にかカテゴリ名が変わってて、しかもあきらかに
格が下がってるんですけど・・・いいんですか?(爆)
Commented by chilsung at 2007-07-23 21:19
あ”。気づいちゃったのね。
>カテゴリ名

・・・・○○を避けるためにコッソリだったのに、いぢわるね(笑)
つーか最近ピンポイント過ぎて凄いのよ。
“みちる  花村”とか、フツー並ばないでしょ?
Commented by kumako-me at 2007-07-24 11:34
あらあら、失礼いたしました^^;
いや「神」が「ヘタレ」になってたから(爆)
てか、その2つのワードで来られるとちょっと怖いわ(笑)
Commented by chilsung at 2007-07-24 11:42
ちなみに、みちるさんと花村さんちには共通点はありません。

花村兄弟には生き別れの姉よしこ(二人の男性の間でよろめき中)が
居ますが、みちるさんの出生には色々な秘密があるようです。
その秘密を探ろうとすると・・・
あ、 ぎゃー!!・・・・・  ・・・・  (通信が途絶えました)
Commented at 2007-07-26 09:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chilsung at 2007-07-27 07:32
鍵コメントさま。
|  ̄ロ ̄) なんか誤解というか心配させてしまったようでスミマセン!
“そーゆー意図”ではないのでご心配には及びません。(多分)
コメントありがとうございました。
Commented by hisa at 2007-07-30 23:20 x
前に読んだ中文記事の中に、ステージ上のカンタちゃんの美しさを「貴妃酔酒」(酒に酔った楊貴妃のように妖艶)という四字熟語を使ってほめたたえてるのがありました。中国の人には、カンタちゃんが国民的美女(?)楊貴妃に見えてるんですね・・・。その夢をこわさぬよう対中国的には胸毛を自粛しないといけないのかもしれません。
Commented by chilsung at 2007-07-31 20:53
hisaさま、こんにちは^^
「貴妃酔酒」って確か昨年のK&V活動の最中に、
中華圏のどこかの番組でマネさせられていましたよ(≧o≦)ノ
実際、酔ってることが多いから(笑)、適切な例えかもしれませんね。
あ、でも本人曰く05年から急に発達したらしい(ぷぷっ)ので
昨年は中国でも胸&腹毛全開でいらっしゃったようです。
くぅ!夢を壊しやがってぇ!!(爆)
Commented by hisa at 2007-08-02 19:09 x
なぽ様、胸毛情報(笑)どうも有難うございました。教えて頂いた番組も調べてみます。カンタちゃんの「酔いどれ楊貴妃」(←超訳です/クロサワ風)、金修役以上のはじけた名演技を披露してそうでコワイです。まさかv様が「玄宗」役とかでその名演につきあってくれちゃったり・・・してないですよね。お二方ともサ-ビス精神がとても旺盛みたいなので時々心配です(笑)。
Commented by chilsung at 2007-08-02 23:49
hisaさま。「酔いどれ楊貴妃」(爆)バラエティ番組でさわり部分だけ、シナを作らされていたはずなんですが、どの国(中国か台湾か香港か)も何月の番組だったのかも記憶からさっぱりで^^;
当時の動画ファイルを2時間ほど捜索したけど捜せませんでした。
ごめんなさいm(_ _)m 健闘をお祈りいたします。
Commented by hisa at 2007-08-03 01:43 x
なぽ様、2時間も(!)どうも有難うございました。私はユーチューブに行ってまして、色々探すうち、「kangta drunk」で、遂にそれらしき動画が・・・。正味30秒位のコーナーでパントマイム風のやつですけど、多分これの事ですよね?短いけど、予想以上のなりきりっぷりで、名演(笑)でした。歌手としてだけでなく、エンターテイナーとしてもやはり突出してますよね。ただ、その飲み方って、マッコリの飲み方では・・・?とちょっと思いました。
Commented by chilsung at 2007-08-04 12:13
hisaさま。
K&Vの怒涛の活動記録が多すぎるので明らかにファイル名が
異なるものを飛ばしても、遭難しちゃうんです。
途中で本気で観ちゃったりしちゃうし←ダメぢゃん!
結局それでも見つけられなかったので、ゆーつべのうほうが
早かったですね。本当に役立たずでスミマセン!
Commented by hisa at 2007-08-04 16:48 x
すっかりひっぱっちゃっておりすみません(笑)。・・・実は私、先日なぽ様が書かれた「シナを作らされて・・・」の「シナ」という文字を最初見た時、瞬間的に6人の皆様の事と思い込んでしまい、「何故カンタちゃんが?一体どうやってシナを・・・?」などと真剣に混乱していました。きっと頭が非常に疲れてたんですね。しばらくしてから、ふつうに日本語の「シナ」なんだという事に気づきました。15分くらいかかったけど、自分で気づけて良かったです。以上プチ報告でした。
Commented by chilsung at 2007-08-08 00:19
hisaさま。コメントいただいていたのを見落としてました><
放置しっぱなしでゴメンナサイ(汗)
カタカナのシナは確かに瞬時には判別しにくいカモ(笑)
大丈夫、そのうち『支那麺の店』という看板を大笑いして
通り過ぎる人間もここにいますから(実話)
『トニーの店』や『麻雀たっくん』の近所のため笑いに加速がついたらしい。